佐藤雅彦・希望の世界 ~絵画と写真展~

佐藤雅彦・希望の世界 ~絵画と写真展~

週末の日本列島は今季一番の寒気に覆われ、大雪の予報も・・・いろいろ心配されるところです・・・ 「学べる認知症」 ラボ担当 の 花俣 です。

今回は 絵画と写真展 のご紹介です。
感性をひらくアート.jpg
佐藤雅彦さんは、 「公益社団法人認知症の人と家族の会 埼玉県支部」 の会員であり、 若年認知症の当事者として、 「日本認知症ワーキンググループ」 の共同代表を務め、全国での講演活動により認知症への偏見と誤解をなくそうとメッセージを発信されている方です。

その 佐藤雅彦さん から、届いた直近のメールに、 絵画と写真展 のご案内がありましたので、皆さまにご紹介させていただきます。

・・・・・メール本文・・・・・
先週は23300歩、歩きました。
個展をひらきます。皆様のご参加をお待ちしています。


ちなみに、歩数は毎週報告してもらう約束をしています。
一人暮らしでは、運動不足になりがちで、自己管理だけではなかなか実行できない・・・ そこで一案!チェックする第三者がいれば励みにもなるし、頑張れるかも♪ ということで、昨年9月から続いているメールのやりとりです。


佐藤雅彦・希望の世界 絵画と写真展
 日時 3月14日(火)13:00~18:00
    3月15日(水)10:00~17:00
 場所 川口総合文化センター(リリア)
    ミニギャラリー(JR川口駅徒歩2分)
 入場無料

認知症当事者の皆さまにとって、 "希望" の個展になりますように・・・