福祉の街 ふくしのまち与野

梅酒風呂♨︎

皆さま こんにちは。 「ふくしのまち 与野」 訪問入浴スタッフ 植原 です。

先日には 関東地方も "梅雨入り" が宣言されましたね☔︎

summer-04l.jpg

お洗濯や行事など、お天気が気になる日々が続きそうですが、雨も大切な水源ですよね・・・  と思うと、少しは雨模様もありがたく感じられるでしょうか。

湿気が多く蒸し暑かったり、雨で急に気温が下がったりと、体調を崩しやすい季節ですので、皆さまどうぞお気をつけください。


さて、 今月 6月、「ふくしのまち与野」 訪問入浴では、 梅酒風呂.pdf』 を 皆さまにお届けします! image003
スーパーの野菜売場にもまるまるとした、見た目の可愛い青梅が売られていますね。
梅干しや、梅酒に梅シロップ、梅ジャムなど、色々な楽しみ方がありますね。 そんな梅ですが、ずいぶん古い時代から親しまれてきたようです。

記録に残っているものですと、奈良時代にはもう梅が食べられていたそうです。 当時は果物として、生で食べられていたようです。
その後、梅干しや梅酒と、様々な楽しみ方が考えられ、現代も私たちの生活の中でずっと活躍し続ける "梅のチカラ" のすごさを感じますね。

梅に含まれる クエン酸 は、血液をキレイにしたり、その相乗効果で美肌効果もあります。
また、疲労回復や胃腸の働きを助けたり、様々な効果があります。戦国時代には、保存食としてはもちろんのこと、合戦中の傷口の消毒や 伝染病の予防にも使われたようで、現代では 梅から化粧水が作られるほど、シミ消しや美肌効果もあります。

そんな カラダにもお肌にもいい 『梅酒風呂♨︎』 を楽しみにお待ちください。
yn2018060901.jpg