福祉の街 ふくしのまち与野

桃の葉 風呂♨︎

皆さま こんにちは。 「ふくしのまち 与野」 訪問入浴スタッフ 植原 です。
ここ数日の梅雨空に、「七夕の頃には梅雨が明けるといいなぁ・・・」と 願いながら、スタッフ一同 頑張っています‼︎

七月七日は 「七夕」 ですが、大宮日進の八月七日といった旧暦の七月七日に行事が行われる地域もあるようです。
昔は サトイモの葉 にたまった露を "天の川のしずく" と考え、それで墨をすって、 梶の葉(和紙の原料にもなる) に 和歌 を書き、字の上達などを願ったそうです。
江戸時代頃から 梶の葉 に代わって短冊や色紙に色々な願いごとを書き、星に祈るお祭りになったようです。
笹に飾られた色とりどりの短冊や飾りが、風にゆらゆらと揺れている様子は、にぎやかで風情がありますよね。 お子さまたちと一緒に、大人も短冊に願いごとを書いてみるのもいいですね♪

さて、今月 7月は、 『桃の葉  風呂♨︎』 をお届けします。
先月の どくだみ風呂 は、皆さまから 「昔は火傷なんかすると どくだみ 塗ったりしたよ!」 「肌にいいのよね♪」 などと喜んで頂くことができました。

『桃の葉 風呂』 も あせも対策 、 虫さされ 、 肌荒れ改善 、 冷え性予防・改善 、 美肌効果 、 シミ・ソバカスの改善 などの効果があります。昔から あせも対策の入浴剤として、 夏の土用 の日に入る習慣があったようです。
皆さま、是非楽しみにお待ちください♬

yn2017070601.jpg