福祉の街 小規模多機能大袋

弱みを強みに

皆さま、こんにちは、 「ふくしのまち大袋」 の 岩田 です。
さて今回は、 グループホーム の 弱み について、正直にお話したいと思います。

介護サービスは、お客様の生活がより良くなるように、生活に必要な 心身の機能 を向上させていくことが目的の一つです。
そういった意味で グループホーム では、生活の中での リハビリ(ご本人の生活歴等を把握したうえで、これまで行ってきたことを中心に行えるよう支援する生活上での機能訓練) を続けることが必要だと言われます。
但し、 グループホーム では、 医療連携 により、 医師・看護師 の協力はあるものの、 医療職 が常駐していることは少なく、 身体機能 を 維持・向上 するための リハビリ が十分行われているとは言えない状況です。
実際、ご利用いただいているお客様のご家族様からも、 「運動の機会を増やしてください。」 「外出する機会がたくさんあるといいですね。」 「歩けなくなってしまうことが心配です。」 と言ったお声をいただくことがあります。

グループホーム の 課題( 弱み )である、 身体機能 の 維持・向上 に向けた 運動機会等 をどのようにつくるか・・・ 「グループホームふくしのまち大袋」 に 週 1回 医療連携 で訪問してくれる 「訪問看護ふくしのまち越谷」 の 看護師さんと相談しました。

ob020030301.JPG

「生活リハビリが一番効果的。 ケアスタッフの皆さんの歩行介助の場面を見ていると、ご本人様と歩くペースが合っていない時があります。」
「ご本人の力を少しでも使って歩いてもらうことで筋力がつき、普段のご生活の中で負担なくリハビリを行えますよ。」
看護師さんからの助言を参考に、ご本人様の力を意識しながら立ち上がってもらうと、普段よりケアスタッフの支えがなくても安定した姿勢で立ち上がりや歩行ができることに気付きました。
看護師さんからの助言、そして、それを活かした介助で立ち上がって歩行されるお客様のご様子を見ながら、私たちは普段お客様に対して介助をし過ぎていることに気付きました。

ob020030302.JPG

私たちケアスタッフは、お客様の近くにいて色々理解しているつもりでしたが、今回 訪問看護 の看護師さんとリハビリについて相談したことで、普段のケア方法を客観的に見て評価することができました。

お客様と生活を共にし、お客様一人ひとりのことをきちんと理解しているスタッフが、医療職の助言を得ながらご本人様のペースに合わせて生活の中でリハビリの機会をつくることができれば・・・
医療職 が常駐していない グループホーム の 弱み を 強み にかえることができると考えています。

ちなみに、私も運動不足を感じていますので、通勤時の移動では必ず階段を使うようにしています。
普段の生活の中で無理なく運動の機会を作っていくこと、大切ですよね。


ふくしのまち大袋 岩田 拓樹

★グループホームふくしのまち大袋 グループホーム
現在、グループホームふくしのまち大袋では介護士様を募集しております。

★小規模多機能ふくしのまち大袋 小規模多機能型居宅介護
現在、小規模多機能ふくしのまち大袋では看護師様を募集しております。

★訪問看護ふくしのまち越谷 訪問看護
現在、訪問看護ふくしのまち越谷では看護師様を募集しております。