福祉の街 ふくしのまち大宮

介護職のための接遇・ホスピタリティ研修

皆さまこんにちは! 「ふくしのまち大宮」 訪問入浴 ケアエイ ドの 山田 です。

6月18日に、 ディズニーリゾート にて行われた 「介護職のための接遇・ホスピタリティ研修」 に参加してきました!!

ゲスト(お客様) の多くがリピーターになってしまうといわれる TDR(東京ディズニーリゾート) のサービスをヒントに、午前:座学による研修、午後:パーク内視察 でわかりやすく体験的に学んできました♪

omy2018071401.JPG

その中で、 キャスト(スタッフ) の使命であり目指すゴールに 「ハピネスの提供」(すべてのゲストに幸せな気持ちになってもらう) というものがあり、それに私は心を打たれました。。。


訪問入浴 という仕事にかかわり始めて2年目になり、入浴の手順や効率ではなく、一番大事といっていいコミュニケーションの難しさを感じつつ仕事をしていくなかで、今回の研修を受けて、 "お客様一人ひとりにとって最良の入浴を提供するためにできること、やるべきことは何なのか" 、原点に立ち返ることができました。


お客様本位だからといって何でも私たちがやってしまっていたり、限られた時間だからといってコミュニケーションが薄くなってしまっていたり、 福祉の街 の 基本理念 である 「YOU ISM」 と 「ハピネスの提供」 から "幸せ" にも人それぞれ形があって、一般的な良いことがその方にとって良いことなのか、お客様の求める "幸せ" を探求し、それに答えていけるようにならなきゃと改めて思いました。

そして、実際にサービスを提供する時間は長くないとしても、訪問入浴というサービスから、清潔保持等の目的をこえて、お客様に喜びや生きがいを持っていただく時間と空間を今まで以上に大事にし、作っていきたいと思いました。


研修を受けて、普段ならばあまり気にしていなかった キャスト の接客姿勢を肌で感じ、目の当たりにし、 「あぁ、こんなことしていたのか」 、 「本当にすごいな」 と何度も感動しました。

一日で学ぶこと、活用できることが本当に多く、これからも自分なりに試行錯誤しながらチームで連携し、お客様を第一に考えた入浴を提供していきたいと思いました!


素敵な経験をありがとうございました。

omy2018071402.JPG
omy2018071403.jpg