福祉の街 訪問看護川越

「訪問看護ふくしのまち川越」 におまかせ 下さい!!!!

皆さま、こんにちは。 「訪問看護ふくしのまち川越」 看護師 の 中島 です。

今回のブログでは、 人工肛門 (ストーマ)のお話をしたいと思います。

人工肛門 (ストーマ) とは何か、ご存知でしょうか?
原因となる疾患は様々ですが、手術でご自身の腸を直接お腹の外に出して、便の排泄を管理することです。
自分の意思で排泄することができない(自分の意志とは関係なく出てしまう)ため、お腹に パウチ という袋を付けて排泄物が入るようにします。

排泄物は腸液なので、直接肌に触れている時間が長くなると、皮膚が赤くなったり、ただれてしまったりという炎症をおこしてしまいます。(オムツかぶれの原因と同じですね。)
皮膚のトラブルを起こさないために、 人工肛門 (ストーマ) のパウチをしっかり貼ることが大切です。
ここが看護師の腕の見せ所です!

お客様の中にも、人工肛門 (ストーマ)を造設された方がいらっしゃいます。
なかには排泄物が漏れてしまい、皮膚が赤くなったり、さらに深い傷になってしまうという方もいらっしゃいます。
私たちはその都度原因を探り、看護師同士で意見を出し合い、試行錯誤しながらお客様と向き合っています。
土日、年末年始も関係なく毎日訪問し、困難事例の深い傷が治った事例もありました! (^^♪
様々な症例を経験し、私たち看護師も成長させていただいています。

人工肛門造設された方、管理のお手伝いは是非、 「訪問看護ふくしのまち川越」 におまかせ下さい!!!!
38532027_jpg.png
★訪問看護ふくしのまち川越 訪問看護
現在、訪問看護ふくしのまち川越では看護師様を募集しております。