福祉の街 訪問看護川越

口腔ケア研修

皆さま、こんにちは。 「訪問看護ふくしのまち川越」 所長 の 永野 です。
「訪問看護ふくしのまち川越」 では、 10月の末に セントケア・ホールディング 医療支援部 より 歯科衛生士さんを講師にお招きし、 「口腔ケア研修」 を行いました。
hkk2018110601.jpeg
まず、 "合わない入れ歯" をしている人が食べる時の感覚(違和感)を体験しました。
その方法は、 飴玉 を舌の下に入れ、そのまま おせんべい を食べるというものでした。
実際にやってみますと、全く噛むことが出来ず、 おせんべい を食べる事が出来ませんでした。

続いて行った、 嚥下機能 が低下している(飲み込みが上手く出来ない)人の感覚体験は、舌の先を上顎につけないでお茶を飲むというものでしたが、上手く飲むことは出来ませんでした。
hkk2018110602.jpeg
hkk2018110603.jpeg
講義を聴くだけでなく、自分自身で体験することにより、 食事介助 や 口腔ケア についてより深く学ぶことができました。
今後のケアの中で、効果的な 口腔ケア を実施し、少しでも 誤嚥性肺炎 のリスクの軽減が出来ればと思います。