福祉の街 本社

#止めるぞ_風しん

突然ですが、皆さま、昭和37年度~昭和53年度生まれの男性に、居住している自治体から、原則無料で 「風しん」 の抗体検査と予防接種を受けられるクーポン券が送られていることをご存知でしょうか?
その年齢・性別に合致する私は、友人から勧められたこともあり、先日そのクーポン券を利用して抗体検査を受けました。

新型コロナウイルス感染症の終息が見えない中での医療機関受診は悩みましたが、他の理由で検査にいかなければならなかった為、事前にお願いして一緒に検査をしてもらいました。
会社・団体の健康診断と一緒に行うことも出来ると聞いていますので、対象の方は折角の機会ですからそういったものと合わせて検査してみてはいかがでしょうか。

「風しん」 は今も流行しているそうです。
成人が罹ると症状が重くなることがありますし、妊娠初期の妊婦さんに感染させてしまうと、生まれてくる赤ちゃんの目や耳、心臓に障害が起きることもあるそうです。
昭和37年度~昭和53年度生まれの男性は、過去に公的に予防接種が行われていない為、自分が風しんにかかり、家族や周囲の人たちに広げてしまうおそれがあるということで、クーポン券が送られているとのことです。

ちなみに対象と思われるけどクーポン券が見当たらないという方は、居住している自治体に問い合わせれば必要に応じて再発行していただけます。
恥ずかしながら私は再発行していただきました。

この年代の男性がこれから抗体検査を受け、必要な予防接種を受けると、免疫を持っている人が増え、風しんの流行はなくなると言われています。
自分だけでなく、これから生まれてくる世代の子どもを守るという意識で、クーポン券を使って風しん抗体検査と予防接種を受けられることをお勧めします。

 

経営管理部 松本 賢一