福祉の街 本社

若年のつどい

9月28日、公益社団法人認知症の人と家族の会 埼玉県支部 主催の 「若年のつどい・越谷」 に参加しました。

様々なご苦労がおありになる中で、洋裁をなさっていた奥様にミシンの前に座ってもらったら、キチンと糸を通してカーテンを仕上げることが出来たと誇らしそうにお話されるご主人や、 作業療法士会 の皆さまにすすめられて "昔取った杵柄" でギターを再び弾き始め、皆の前でその腕前を披露して下さるご主人を笑顔で見守る奥様・・・ そのご様子に、先日拝聴しました 医療法人真正会 理事長 斉藤正身先生 の講演でお聞きした 「たとえ認知症があっても、回復をあきらめない!」 や、「人にとって大事な "居場所" "行く場所" "座る場所" をどう準備するかが大事」 といったお話が見事にリンクしました。

介護者の皆さまの "生の声" をお聞きする貴重な機会をいただけました。 有難うございました。

2019年度各地のつどい 認知症の人と家族の会 埼玉県支部.pdf

経営管理部 松本 賢一

hs2019092801.gif