福祉の街 本社

2018年度 世界アルツハイマーデー記念講演会 「認知症の人の家族も"当事者"であるということ」~家族支援の必要性~

9月15日、公益社団法人認知症の人と家族の会 埼玉県支部 主催の 2018年度 世界アルツハイマーデー記念講演会 を拝聴しました。

講師である 認知症の人と家族の会顧問・前代表 髙見国生氏 による 「認知症の人の家族も"当事者"であるということ」~家族支援の必要性~ というタイトルの講演は、認知症の人と家族の会発足の経緯  「その立場の者(介護家族)が、"辛さ"を知ってほしい、助けてほしい」 と集まったこと、そして、 「家族を支援することは、本人に対しても恩恵となる」 という考えについてのお話から始まりました。

kk2018091701.JPG

まだ介護保険等の支援がない中、働きながら認知症となられたお母様の在宅介護を行っていたご経験、そして、1980(昭和55) 1月の 認知症の人と家族の会発足方から現在までの歩みを通じての 「家族が認知症と診断されたら」 ~ 「隠さない 隠してしまっては協力を得られない」  、 「あなたが認知症と診断されたら」  ~ 「認知症で人生は終わらない 仲間ともに励まし合う」 といった言葉は、とても重く、深く得心しました。

また、 「制度の後退は後輩の家族を苦しめること 後退を許さず、充実を求めることは現在の家族の責任 ー現在と未来の家族のためにみんなで声を上げようー」といったメッセージは、 認知症の人と家族の会 会員の一人として、また、介護業界に関わる一人として、とても強く気持ちを揺らされました。

そして、認知症の人と家族の会 の 理念 「認知症になったとしても、介護する側になったとしても、人としての尊厳が守られ日々の暮らしが安穏に続けられなければならない。 認知症の人と家族の会は、ともに励ましあい助けあって、人として実りある人生を送るとともに、認知症になっても安心して暮らせる社会を希求する。」  を理解し、その重要性をあらためて感じられた講演でした。 髙見顧問、有難うございました。

閉会の挨拶では、 認知症の人と家族の会 埼玉県支部 事務局長 でもある 安藤会長より 「認知症についての理解を深めることが認知症予防になり、もし認知症になったとしても比較的穏やかでいられると確信している」 といったお話もありました。

認知症についての理解を深め、その予防につなげる為、また、現在そして未来の介護家族、また、認知症の方ご本人の"辛さ"に共感し、応援する為にも、是非 認知症の人と家族の会 の 入会をご検討いただければ思います

入会のご案内はこちらhttp://www.alzheimer.or.jp/?page_id=246

経営管理部 松本賢一


kk2018091702.JPG

(左から 髙見顧問・安藤会長)