福祉の街 本社

埼玉県在宅福祉事業者連絡協議会 研修会

10月25~26日、安藤会長が会長を務める 「埼玉県在宅福祉事業者連絡協議会」 の経営者・管理者研修会が、群馬県水上温泉 「源泉湯の宿 松乃井」 にて開催され、事業支援部 の 山田 と共に参加しました。

hs2017102801.JPG

安藤会長による主催者あいさつに続き、 「介護現場におけるICTの利活用」 というテーマで、 パラマウントベッド株式会社 福祉用具プランナー 土屋正太様、 ケアボット株式会社 代表取締役 本谷春洋様、 株式会社礎 代表取締役 大塚洋幸様よりお話いただきました。

hs2017102802.JPG

hs2017102803.JPG

大塚社長の「開発側は先行し過ぎている。現場は敬遠しすぎている。実際に触れて、やり取りすることが強く求められる。」といった言葉が印象的でした。 まず導入し、開発側と現場がやり取りすることで、お客様、そして、職員にとって有意義なシステムが出来るのだということが良く分かりました。


2日目は 株式会社シグマスタッフ メディカルケア事業企画部 松岡恵美様 による 「働きやすい職場作りの基礎と、人が集まる仕掛け作り」 の講演が行われました。 人手不足解消の主な手段として、 「生産性向上」 「女性・シニア・外国人労働参加促進」 があげられ、 「生産性向上」 の為には、初日の研修で話のあった ICT の利活用等による効率化をはかることに加え、 「社員一人一人のモチベーションを上げる」 ことが重要であるというお話が印象的でした。

hs2017102804.JPG

研修の合間の懇親会等では、参加された埼玉県内で在宅福祉事業を行っている約30名の皆さまと懇親を深め、情報交換を行い、今後につながる協力関係を築く機会を得られた貴重な研修会でした。 有難うございました。

経営管理部 松本