福祉の街 本社

平成30年度 埼玉県介護職員合同入職式

5月8日、 埼玉会館 にて県内各地より介護の仕事に従事されている方約500人が集まり、 「平成30年度 埼玉県介護職員合同入職式・表彰式」 が開催されました。
この催しは、埼玉県、及び、埼玉県内の介護施設・介護事業関係団体による 「介護職員しっかり応援プロジェクト」 の一環として、上田知事が埼玉県内の介護事業所で新たに介護職員となった方々にメッセージカード を交付するとともに、永年勤続の介護職員やコバトン・ハートフルメッセージ優秀事例の介護事業所等を表彰し、介護職員を激励することを目的としたものです。
kk2018050901.JPG
上田知事 より 「1万時間、週40時間働く方であれば5年間、志をもって頑張れば、その道のプロになるそうです。」 という5年後のプロを目指す新入介護職員を励まし、10年・20年の永年勤続職員を労うご挨拶に続き、各団体代表の皆さまより激励の言葉がありました。

その後、新規介護職員へのメッセージカード授与が行われ、今年 4月に入社した 「小規模多機能ふくしのまち春日部」 の 荒井 夏奈さん が、 在宅介護事業所の職員 を代表してメッセージを受け取りました。
kk2018050902.JPG
kk2018050903.JPG
閉会の挨拶では、主催団体を代表して、安藤会長 より 「介護の仕事は "感謝・感動・希望" の事業です。 皆さまの活躍を期待しています。」 というエールが送られました。
kk2018050904.JPG
また、式典に先立って行われました さいたま市出身の落語家 三遊亭楽生様 による 「落語に学ぶ人と人の繋がり」 と題した記念講演では、笑いを交えながら、介護職員にとっても重要な 「伝える力」 を上げる方法(テクニック)についてお話いただきました。
「 『挨拶』 は、 『おはようございます』 『こんにちは』 『こんばんは』 という言葉を発することではなく、 『相手の気持ちをよくする』 ことが目的。 その為には、明るく、元気で、爽やかな印象を与える高いトーンで発生することが大切。」 といったお話や、「粗言/片言/重複/小声」 というキーワードを今後に活かしていきたいと思いました。
 
kk2018050905.JPG
【左から 相原さん、安藤会長、荒井さん (今年4月入社)】

今後も、介護職員しっかり応援プロジェクトチームのメンバーの一人としても、介護事業所が益々魅力ある職場となるよう取り組んでいきたいと思います。

経営管理部 松本 賢一


★ふくしのまち鴻巣 居宅介護支援事業所
現在、ふくしのまち鴻巣ではケアマネジャー様を募集しております。介護支援専門員資格取得見込みの方でも可能です。
正社員(主任介護支援専門員): https://www.youism.jp/recruit/recruit.php?rid=28
正社員(介護支援専門員): https://www.youism.jp/recruit/recruit.php?rid=125