福祉の街 本社

2019年度「世界アルツハイマー月間」全国一斉街頭活動

9月21日、2019年度「世界アルツハイマー月間」 全国一斉街頭活動 が全国各地で行われました。

埼玉県内でも 大宮駅、川越駅、上福岡駅、そして、 ラグビーワールドカップ2019 の開催で盛り上がる 熊谷駅で 2019年度「世界アルツハイマーデー」統一標語 『忘れても 一人ひとりが主人公』 が印刷された リーフレット を配布し、認知症についての啓蒙を行いました。

私がお手伝いをさせて頂きました 熊谷駅 では、 認知症の人と家族の会埼玉県  、熊谷市 、そして、 市内介護事業者等 の方々約 60名が集まり、皆でリーフレットを手渡しました。
熊谷市の マスコットキャラクター ニャオざね も応援にかけつけてくれました!♪
hs2019092003.jpg
リーフレットを受け取ってくださった皆さま、ありがとうございました。 内容をお読みいただき、 『認知症になっても安心して暮らせる社会』 について考えていただく機会となりますこと、また、認知症についての理解が深まりますことを願っています。
hs2019092002.jpg

経営管理部 松本 賢一