福祉の街 ふくしのまち深谷

山の日

突然ですが、今年 8月のカレンダーに、違和感を覚えた方は少なくないと思います...

811日 祝日「山の日」 を皆さん、ご存じだったでしょうか?

山の日.png

日本は国土の 7割が山地ということもあり、 「山に親しむ機会を持って、山の恵みに感謝する」 という趣旨のもと、2014年に 「山の日」 が制定されました。 特に由来らしいものは無く、 「海の日ができたのなら山の日も...」 ということで、 日本山岳会 を初めとする山岳関係の諸団体や、地方自治体などの働きかけで 「山の日」制定議員連盟 が発足し、議論を重ねてきました。

当初 「山の日」制定協議会 では、各地の山開きに合わせて祝祭日のない6月の第1月曜を候補としていましたが、お盆の連休を取りやすいようにと、 812日が提案されました。 しかし、 812日は、昭和60年にジャンボジェット機が群馬県に墜落した大きな事故があった日で、遺族の方々のことなどを考えても、その日に制定するのはどうなのか?ということで、考慮して11日になったそうです。

ちなみにハッピーマンデーの対象とならないので、固定の祝日となります。


さて、「海の日」「山の日」が揃ったところで、「介護の日」はあるのかと調べてみましたら... ありました!

"介護について理解と認識を深め、介護従事者、介護サービス利用者及び介護家族を支援するとともに、利用者、家族、介護従事者、それらを取り巻く地域社会における支え合いや交流を促進する観点から、高齢者や障害者等に対する介護に関し、国民への啓発を重点的に実施するための日"として、厚生労働省が 2008年に制定しました。

1111「介護の日」いい日いい日」にかけた語呂に由来するそうです。


「ふくしのまち深谷」 スタッフ一同、毎日がお客様にとって「いい日」になりますよう、質の高いサービスをお届けして参ります。

 

ふくしのまち深谷 スタッフ一同