福祉の街 ふくしのまち深谷

冬至にゆず湯

今年の「冬至」は1222日の土曜日。 週末とあってホテルや銭湯では「ゆず湯」が盛んに行われることでしょう。 当社の訪問入浴も今月中旬より「ゆず湯」を実施しており、お客様から好評を頂いております。

そもそも「冬至」に「ゆず湯」、「カボチャを食べる」のは何故でしょう。

ちょっと調べてみました。柚子湯.jpg

冬至とは、一年の中でもっとも日照時間が短い日の事を言います。 昔は、「一年でもっとも太陽の力が弱まる日」とされ、以後は再び太陽の力が強くなると考えられ一陽来復」と言って、この日を境に運が上向くとされていました。 そして、さらに運がよくなるようにと「ん」が二つく物を食べていたそうです。(運盛り)

・南京(なんきん=かぼちゃ)・にんじん・ぎんなん・かんてん・れんこん

・うどん(うんどん)・きんかん。

 これら7種類の食べ物を、冬至の七種(ななくさ)と言ったそうです。

冬至にゆず湯」の風習は、江戸時代、当時の大衆浴場でお客を呼び込むために、ゆずを湯船に入れたのが始まりだといわれています。 なぜ、お風呂に「ゆず」を入れたのでしょうか?一説には「冬至」⇒「湯治」と、「ゆず」⇒「融通(ゆうずう)が利く」と語呂合わせをし、冬至にゆずの入ったお風呂に入れば、「健康で過ごせる(元気なら融通が利く)」と無病息災の願いを込めたものだとされています。 また、香りの強い「ゆず」をお風呂に入れることで「邪気払い」をしているともいわれています。

こうした昔の習慣が、冬至に「ゆず湯」に入ると「1年間は風邪をひかない」となったそうです。

今年一年、大変お世話になりました。来年も、お元気でお会いできますよう、お祈りいたしております。

  

ふくしのまち深谷 スタッフ一同



★ふくしのまち深谷 訪問入浴

現在、ふくしのまち深谷では訪問入浴の看護師様を募集しております。

正社員: https://www.youism.jp/recruit/recruit.php?rid=8

契約社員: https://www.youism.jp/recruit/recruit.php?rid=9


★ふくしのまち深谷 訪問介護

現在、ふくしのまち深谷では、訪問介護の正社員および登録ヘルパー様を募集しております。

正社員: https://www.youism.jp/recruit/recruit.php?rid=87

登録ヘルパー: https://www.youism.jp/recruit/recruit.php?rid=88