福祉の街 ふくしのまち深谷

「冷房」と「除湿」の違いって?

蒸し暑い夏に活躍するのがエアコンですね。 ジメジメの室内を快適にしてくれるのがエアコンの除湿ドライ。 エアコンの機能には暖房、冷房、除湿が有りますが、「冷房」と「除湿」の違いが良く分からないので調べてみました。エアコン.jpg

 「除湿(ドライ)運転」と「冷房運転」は、どちらも冷気を放出することで湿度を下げるエアコンの機能ですが、その機能には明確な違いがあります。 冷房運転は、部屋の温度を下げることが目的。 冷房の結果、湿度が低下するため除湿と同じ効果を得ることができますが、そもそもの目的は「温度を下げる」ということですから、除湿のために利用する機能ではありません。 ですから「冷房」では快適な湿度環境に調整するのは難しいようです。  対して「除湿運転」は、室温を出来るだけ変化させず、湿度だけを低下させることが目的です。 湿度を調整することで、温度をあまり低下させずに快適な環境を作り出すことができます。 そこでポイントとなるのが「再熱除湿方式」。

 最近のエアコン機能には「再熱除湿方式」という機能があるそうです。 これが良く言われる「冷房より除湿の方が電気代が掛かる」と噂される元だと分かりました。 「再熱除湿」機能は、その名の通り「再び」「熱する」除湿機能です。 エアコンは除湿をするとき、一旦空気を冷やしています。 部屋の室温を下げないで除湿するためには、冷やした空気を暖めなければなりません。 一旦冷やした空気を温め直して再度室内へ送り込んでいる手間があるので、電気代が増えてしまうのですね。

 まだまだ不安定な季節ですが、エアコン機能と訪問入浴を活用し、快適にお過ごしください。


                                        ふくしのまち深谷 所長  青木 豊