福祉の街 ふくしのまち深谷

夏の風景

 福祉の街の営業所の中で、一番長閑(のどか)な場所にあるのが「ふくしのまち深谷」です。

不便な立地と思われがちですが、隣接する本庄市、寄居町、美里町へはそれぞれ 10分ほどで移動でき、車の通りも少なく快適な仕事ライフが送れます。

 そんな田舎ならではの恩恵のひとつがコレ。(玄関先に大量のトウモロコシ)

  味来.JPG

営業所の周りにある畑から、採り立てのトウモロコシが届きました。品種はここ最近人気の「味来:みらい」。 糖度が高く生でも食べられ、柔らかい口当たりで大人気。市場には出せない小ぶりの物ということですが、味は変わりません。

その他にも一年を通じて、ネギ、大根、ブロッコリーが大量に届きます。

 

畑のご主人曰く「どうせ畑の肥やしになるなら、皆さんにべて貰うのが一番」とのこと・・・ 有難うございます。

モロコシ畑.JPG「味来」の販売は7月下旬で終わります。 ぜひ一度、味わってみてください。

                  

                 ふくしのまち深谷 所長 青木 豊