福祉の街 デイサービス熊谷平戸

お祭り気分♬

今週 (7月29日) 、平年より  8日、昨年より 30日も遅く、関東地方が梅雨明けし、やっと本格的な夏がやってきました。

昨年、 「41.1℃」 の国内観測史上最高気温を記録し、 5年ぶりに 「暑さ日本一!」 へと返り咲いた 熊谷市 では、梅雨明けとともに 35℃を超える猛暑日が続いています。
お客様への熱中症予防の周知はもちろんのこと、私たちスタッフも体調管理に留意し、暑い夏を乗り越えていきたいと思います。

さて、そんな暑い夏の風物詩といえば、 「お祭り」 や 「花火」 ですね♪
熊谷市 でも、先日 (7月20~22日)  「関東一の祇園」 と呼ばれる 「うちわ祭り」 が開催され、多くの人出で賑わいました。
また、 8月10日(土) には、 「第70回 熊谷花火大会」 が開催される予定です。
 
「デイサービスふくしのまち熊谷平戸」 をご利用されるお客様の中には、送迎中の車内から、お祭りの提灯を見て、 「お祭りが好きでよく行ったけど、今はもう無理ねぇ...」 と懐かしそうにお話しくださる方がいらっしゃいます。
そんなお客様に、少しでも "お祭り気分" を味わっていただきたいと、今年もフロア内にお祭りの飾り付けを始めました。
dkh2019073101.JPG
dkh2019073102.jpg
お客様にも貼り絵や提灯作りのお手伝いをしていただき、お祭りソングを流し、手作りのお祭り広場を製作中です。
dkh2019073103.jpg
夕方でも気温の高いこの時期、ご高齢のお客様が長時間外出するのは、熱中症などの危険を伴います。
エアコンの効いた涼しい施設内で、お祭り気分を味わい、ご両親やお子様、お孫様と一緒に行った、地域のお祭りを思い出していただければと思います。
 
所長 九鬼