福祉の街 デイサービス熊谷平戸

冬至のゆず湯♪

12月22日(土) は、 「冬至」 ということで、 「デイサービス ふくしのまち熊谷平戸」 では、入浴の際、湯舟に 「ゆず」 を浮かべ、お客様に 「ゆず湯」 を楽しんでいただきました♪
今年の 「ゆず湯」 は例年と少し異なり、 「獅子ゆず」 という顔の大きさ程ありそうな、大きな大きなゆずを浮かべ、皆さまに楽しんでいただきました!
dskh2018122421.JPG

「獅子ゆず」 という名前は、あまり聞き慣れませんが、見た目が獅子の顔のような形をしており、また、鬼のような形にもみえることから、別名 「鬼ゆず」 とも呼ばれているそうです♪
名前には 「ゆず 」がついていますが、調べてみたところ実は 「ゆず」 の仲間ではなく、なんと 「文旦」 の仲間とのこと... 香りも本家のゆずほどは強くないようです。

「獅子や鬼は、邪悪なものを排除する」 と言われたり、実が大きいことから、 「実入りが大きい=千客万来」 などの縁起物としてお店に飾ったり、鑑賞用としての利用が多いようですが、ピールや砂糖漬け、マーマレードジャム等にも使われるそうです!

残念ながら 「ゆず」 の仲間ではなかったものの、お客様には大好評で、皆さま大変喜んで下さいました☆
大きなゆずを見るなり第一声、 「わ~!おっきいね~!」 という言葉が聞かれ、 「何これ~!こんな大きなゆず、見たことない!」 、 「90年 生きてきて、初めて見た!」 中には、 「これは、かぼちゃかい!?」 と、おっしゃる方も...♪
湯舟で身体を温めながら、大きなゆずを楽しんでいただくことができました♪
dskh2018122422.JPG

冷え込む時期となり風邪も流行ってまいりましたので、 「獅子ゆず」 の効果があることを願っています☆


生活相談員 宮原

★デイサービスふくしのまち熊谷平戸 デイサービス
現在、デイサービスふくしのまち熊谷平戸では看護師様を募集しております。