よくあるご質問 福祉の街へお寄せいただくご質問の中からよくあるものを掲載しております

介護保険制度について

Q. 介護保険とはなんですか?
「介護保険」とは、介護を社会全体で支える仕組みのことです。日本は、21世紀半ばには3人に1人が高齢者という高齢社会となり、介護を必要とする高齢者は今後も増えると予測されています。また、家族の在り方や労働の形態が多様化していること、介護の期間が長くなっていること等から、家族だけで高齢者を介護することが困難になっています。そこで、40歳以上の人たちみんなで保険料を払い、いざ介護が必要になったときでも、最期まで自分らしく暮らせるように、介護をする家族の経済・体力・心の負担を軽くし、みんなで支え合おうと生まれた公的な保険制度です。介護保険の運営に必要な費用の半分は加入者の保険料、残りの半分は公費(国、都道府県、市町村)で負担します。
Q. 介護保険で利用できるサービスは?
介護保険で利用できるサービスは、自宅で生活する方を対象とした「居宅サービス」と、施設に入所する方を対象とした「施設サービス」、住み慣れた地域での生活を支えるため、身近な市町村で提供される「地域密着型サービス」があり、原則1割の負担で利用できます。しかし、要介護認定で要介護状態と認定された方は、居宅と施設いずれのサービスも利用できますが、要支援状態と認定された方は、居宅サービスの一部と施設サービスは利用できません。また、市町村で独自にサービス内容(紙おむつ支給や移送サービスなど)を定め、提供している場合があります(市町村特別給付)。市町村によって実施内容が異なりますので、くわしくはお住まいの市町村にお問い合わせください。
Q. 要介護認定とはなんですか?
「要介護認定」とは、介護が必要な状態かどうか、どの程度介護を必要とするかを客観的に評価する仕組みです。保険者である市区町村に設置される介護認定審査会で判定され、常時介護を必要とする状態(要介護1~5)や、家事や身支度等の日常生活に支援が必要になった状態(要支援1~2)と判定された場合に、介護保険でサービスを利用できます。
関連項目:介護保険について

居宅介護支援について

Q. 居宅介護支援とはなんですか?
「居宅介護支援」とは、ケアマネジャー(介護支援専門員)が、要介護認定の申請代行や、認定後に適切な居宅サービスが提供されるよう、要介護者や要支援者、その家族の状況や希望に応じた「ケアプラン」を作成し、主治医やサービス事業者との連絡調整を行うなど、在宅での介護を支援するサービスのことをいいます。サービスの利用が始まった後も月1回程度自宅訪問し、ケアプランが心身の状態にあっているか確認します。
Q. ケアプランとはなんですか?
「ケアプラン」とは、要介護者や要支援者が、住み慣れた我が家、地域で暮らすために必要なサービスの種類や回数などを決めるサービスの利用計画書です。要介護1~5の方は居宅介護支援事業所のケアマネジャーが作成し、要支援1、2の方は住まいの近くの地域包括支援センターが作成するか、地域包括支援センターの委託を受けた居宅介護支援事業所が作成します。ケアプランの作成にお客様の自己負担は発生しません。ただし、介護保険料を納めていない場合は、全額自己負担となります。

訪問介護サービスについて

Q. 訪問介護サービスとはどのようなサービスですか?
食事や排泄の介助、清拭や入浴介助、体位交換や移動・移乗介助、起床や就寝の介助、外出介助などの「身体介護」と、調理、掃除、洗濯、生活必需品の買い物や薬の受け取りなどの「生活援助」に大別されます。ただし、同居の家族がいると原則「生活援助」は受けられません。しかし、同居家族が障害や病気などのため家事を行うことが難しい場合や、ほとんど自宅にいない場合は利用が可能となることがあります。詳しくはスタッフに相談ください。
Q. サービスを利用するとどれくらいお金がかかりますか?
介護保険利用の方は、原則、サービス内容と利用時間によって定められた介護保険利用料の1割が自己負担となります。
Q. 介護保険の利用が認められないサービス内容はありますか?
ホームヘルパーが行わなくても日常生活に支障がない行為や、日常的な家事の範囲を超えるサービスの提供はできません。具体的には、庭の草取りや植木の選定、犬の散歩などペットの世話、年末年始の大掃除、お客様自身が使用していない部屋の掃除や家族分の洗濯などです。また、通院時の院内介助も原則提供できません。
Q. 介護保険を利用しないで訪問介護サービスを受けることはできますか?
介護保険によらない「自費サービス」も提供しています。詳しくはスタッフに相談ください。
Q. 毎回、同じホームヘルパーに来てもらえますか?
基本的に数人のホームヘルパーが担当します。複数のホームヘルパーが担当することにより、継続的に安定したサービスが提供でき、お客様の緊急時にも対応できると考えています。

訪問入浴サービスについて

Q. 訪問入浴サービスとはどのようなサービスですか?
身体の障害などにより、ご家庭での入浴が困難な方の自宅に、看護師を含めた3名のスタッフが訪問入浴車で訪問し、移動式の浴槽を自宅内に搬入し、安全で快適な入浴を提供するサービスです。
Q. 利用する場合、用意する物はありますか?
消毒済みのバスタオル4枚、フェイスタオル4枚を当社にて無料で用意します。お客様には着替えの用意をお願いします。石鹸類、入浴剤などの入浴備品は、愛用のものを用意してもらい、そちらを使用しますが、当社で用意することもできます。また、サービス提供時には、電源と給湯用の水を使わせてもらいます。
Q. 自宅が狭かったり、高層階でも大丈夫ですか?
畳2畳ほどのスペースがあれば大丈夫です。団地やマンションの高層階であっても、状況に合わせ、最も適切な方法でサービスを提供します。
Q. 感染症に罹っていても利用できますか?
利用できます。事前にお知らせ下さい。ただし、感染拡大を防ぐため、スタッフが手袋やマスクを着用するなどの予防措置をとることがあります。
Q. 経管栄養や尿道留置カテーテルなどの医療器具を使っていても利用できますか?
利用できます。事前にお知らせ下さい。

デイ(通所介護)サービスについて

Q. 利用前に見学させてもらえますか?
見学は随時受け付けています。事前にご連絡下さい。
Q. 利用する場合、用意する物はありますか?
入浴に必要なタオル類や着替えが必要となります。石鹸類、入浴剤などの入浴備品は、当社で無料にて用意していますが、愛用のものを用意してもらえましたら、そちらを使用することもできます。食後の飲み薬がある方はお薬を、また、必要な方は紙オムツ等をお持ち下さい。
Q. 車いすのままでも送迎はしてもらえますか?
車いすのままで乗り降り可能な送迎車を用意しています。車いすで入れる広さのトイレ等、施設内も、安全性、利便性に配慮しています。また、寝たままで入浴が可能な特殊浴槽を設置している事業所もあります。
Q. 食事制限に対応してもらえますか?
対応できますので、事前にお知らせ下さい。糖尿病等によるカロリー制限や、塩分、水分の制限、また、むせやすいなど嚥下困難な方へのきざみ食やおかゆへの変更も可能です。お気軽にご相談ください。
Q. 送迎時間の希望はできますか?
希望を踏まえて対応していますが、複数のお客様宅を回りながらの送迎であります為、時間の調整をお願いする場合もございます。

福祉用具貸与(レンタル)サービス等について

Q. 介護保険の給付対象となる福祉用具貸与(レンタル)には、どんな種類がありますか?
以下の種類になります。
・車いす
・車いす付属品
・特殊寝台
・特殊寝台付属品
・床ずれ防止用具
・体位変換器
・手すり(工事を伴わないもの)
・スロープ(工事を伴わないもの)
・歩行器
・歩行補助杖
・認知症老人徘徊感知機器
・移動用リフト(つり具を除く)
・自動排泄処理装置(ホースやタンクを除く本体部分のみ。排便機能を含むものは要介護4・5の方のみ)
※要支援1・2、及び、要介護1の方は、車いす(付属品含む)、特種寝台(付属含む)、床ずれ防止用具、体位変換器、認知症老人徘徊感知機器、移動用リフトが対象外となります。(例外的に対象になる場合もございます。)
Q. 介護保険の給付対象となる特定福祉用具販売には、どんな種類がありますか?
以下の種類になります。
・腰掛け便座
・入浴補助用具
・簡易浴槽
・移動用リフトのつり具
・自動排泄処理装置のホースやタンク等の購入品
Q. 介護保険の給付対象となる住宅改修には、どんな種類がありますか?
以下の種類になります。
・滑りの防止、移動の円滑化等の為の床または通路面の材料の変更
・手すりの取り付け
・段差の解消
・引き戸などへの扉の取り替え
・洋式便器などへの便器の取り替え
・上記の改修に伴って必要となる住宅改修
Q. 狭い家でもベッドを運んだり、置いたりすることができますか?
介護ベッドは組み立て式であり、分解した状態で持ち運び、設置します。希望があれば2階等に設置することも可能です。お客様の日常生活を考えての設置提案をします。
Q. 借りているベッド等を汚したり壊してしまった場合は、どうなりますか?
まず担当スタッフまでご連絡下さい。汚れや傷、破損などの状態を確認し、商品交換等の対応をします。尚、説明に反したご使用による故障・破損等の場合は、修理・交換費用をご負担いいただく場合があります。
Q. 衛生面は大丈夫ですか?
レンタルが終了した品については、当社のメンテナンスセンターであるレンタル川越等(川越市小堤)において、洗浄・消毒・補修を行い、清潔・安全・安心に利用してもらえますよう提供しています。
Q. 入院期間中もレンタル品をそのまま置いておくことは出来ますか?
出来ます。入院・入所後に安心して自宅に帰って来られますように、レンタル品は最大2ヶ月間置いておくことが出来ます。
Q. レンタルや購入前に商品を試すこと(デモ)は可能ですか?
レンタル品は試用(デモ)品を多数揃え、販売品についても一部ではありますが、試用(デモ)品を用意しています。お気軽にスタッフまでお問合わせ下さい。

小規模多機能型居宅介護について

Q. 小規模多機能型居宅介護とはどのようなサービスですか?
顔なじみのスタッフが「通い」「訪問」「泊まり」を担当する安心感のあるサービスであるとともに、いざという時にそれぞれのサービスを柔軟に活用できる利便性の高いサービスです。また、少人数の登録制である為、他のお客様ともなじみの関係を作りやすく、家庭的な雰囲気の中、落ち着いて過ごしてもらえます。
Q. 現在のケアマネジャーを替えなければいけないのですか?
利用する小規模多機能型居宅介護のケアマネジャーが担当することになります。小規模多機能型居宅介護のケアマネジャーがケアプランを作成することで、より包括的なケアの提供が可能になります。
Q. 他の居宅サービスは使えなくなるのですか?
支給限度額内であれば、介護保険を利用して、訪問看護、訪問リハビリテーション、居宅療養管理指導(限度基準額は適用されません。)の医療系サービスや、福祉用具貸与・販売、住宅改修を利用することができます。
Q. 複数の小規模多機能型居宅介護に登録することはできますか?
お客様とスタッフの顔なじみの関係を重んじるサービスであることから、複数の事業所に登録することは認められません。 また、地域密着サービスである為、事業所の所在地と異なる市町村にお住まいの方はご利用できないことがあります。